New ロンドナーになるのだ!

Twiggyをこよなく愛するチオリーヌのロンドンライフやイギリス人夫との国際結婚ネタをお届け!イギリスへのワーホリ、語学留学、国際結婚に興味がある方必読♪

*

33.第3章試練 14節3度目はない

photo33

彩花は、びっくりして何も言えなくなってしまったジョンのおでこにキスをして、ジョンの家を出た。女の子だけど、年上の女性として、かっこよくジョンの前から去りたかった。でも家を出た瞬間涙が止まらなくなって、こんな状態じゃバスにも乗れなくて彩花は泣きながら家に歩いて帰った。もしかしたら、ジョンが追いかけてきてくれるかもなんてちょっと期待しながら。でもジョンは追いかけてこなかった。
泣きながら帰ってきた彩花を見て、フラットメイトの真理が驚いていた。
「ちょっとどうしたのよ!? なにがあったの? ひどいことでもされたの? 」
「ううん。そうじゃないんだ……」
彩花が事情を説明すると真理は、彩花の選んだ選択肢は間違いではないと言った。階級社会がまだ根強く残るイギリスでは、貴族階級の人と、一般の人が付き合うことはとても難しくましてや結婚となるとすごく大変なことだと言い、彩花の選択肢は仕方のないことで、ジョンにとってもそれでよかったと思うよと。ベスは貴族とか一般階級とか関係ないとは言ったけど、恋人からのその後を今の彩花には想像することが出来なかった。
それから、ジョンから何度も電話がきて、メールもきたけど彩花は何も返信しなかった。返信したり、ジョンの声を聞いてしまったら彩花はすぐにジョンの元に飛んでいきたくなってしまうと思ったから。ジョンにとっては昔の悪夢がよみがえっているかもしれない。
だけど、ジョンにとって、それは仕方ない事だったのかもしれない。彩花にとっても、その昔のあの女の子にとっても… …。
ジョンと2回目の別れだった。“2度ある事は3度ある”ということわざがある。ただ事の時、彩花にとって3度目はないと確信していた。もうジョンと会う事もなければ、別れが来る事もない。
彩花の帰国の日も迫っていた。
第3章 おしまい
●目次
●『1節楽しいことも、悲しいことも』へすすむ

公開日:
最終更新日:2015/07/31