New ロンドナーになるのだ!

語学留学を経て、イギリス人夫と国際結婚! 在英7年目の33歳 妄想を現実化するためにトライ&エラーを繰り返すその実験結果を記しています

*

皮膚はボロボロ、針も抜ける!ハリネズミがダニ症に……ダニ治療しました

   

こんにちは、チオリーヌです。今回はわたしが一緒に暮らしているヨツユビハリネズミ、プリンス・プリックルズさん(通称プリさま)のお話です。

なんとプリさま、ダニに寄生されてしまうダニ症にかかってしまいました……。ハリネズミ飼いの中ではやっかいな病気の一つ、ダニ症。

食用の虫、床材、他の動物などからダニがうつってしまい、皮膚上で繁殖してしまうと言われております。

わたしがプリさまのダニに気がついたのは1週間ほど前。長期間日本に帰っていたあいだ、ハリネズミ専門のペットホテルでプリさまはすごしていて、プリさまをホテルからピックアップしたときから、なにかおかしいなと思っていたんです。

プリさまってそんなにプンスカ怒るタイプじゃないんですけど、すごく機嫌が悪かったことと持ち上げると、フケがすごい……。

ハリネズミの皮膚は乾燥しやすいので、フケが出ていることなんてまあまあよくあるのですが、小さなフケじゃなくて、ごそっと皮膚が取れる感じ。さらには、針もポロポロ取れている!

明らかにおかしいと思って、よーーーーーーくプリさまの針と針の間の皮膚を観察してみると、ダニが歩き回ってたんです……。

白い小さなダニが忙しそうに歩き回ってる!!!!!!

ペットホテルでダニをもらってきてしまったようです……。

大パニックになりながらとにかく急いで動物病院を予約。でもダニを発見したのが金曜日の夕方5時ということもあって、すぐに取れた予約は翌週月曜の午後4時でした。とは言えそれまでこのままほったらかしにすることもできないし、なにかしなくてはと思い、プリさまを最初に保護していた保護団体のお姉さん、クレアに連絡しました。

クレアはわたしのハリネズミに関する質問や相談にのってくれる、イギリスで一番頼りにしているお姉さんです。

すると、大手ペットショップに小動物の寄生虫駆除用の液体の薬があるからそれを使うといいよとのこと。日本でいうと、ノミ・ダニ駆除用の「レボリューション」や「フロントライン」のようなものです。

ちなみにこちらがその現物。

Beaphar社のAnti-Parasite Spot on。小さなチューブが4つ入っていて、350グラム以上の小動物に使えます。チューブ4つ入りで英5ポンド(約580円)。700グラム以下の動物には一回1つのチューブを使って皮膚の何箇所かに液体を垂らします。

まずはこの液体をプリさまの首辺りからお尻の皮膚にかけて一晩様子をみることに。

すると翌日にはダニが全滅したようです。針と針の間を確認しまくりましたが、動くダニに姿は確認できませんでした。

そして月曜日、動物病院に連れて行ったのですが、基本的にハリネズミって動物病院では針を立ててまるまってしまうので、診察がすごく難しいんです。なので、プリさまの皮膚の間にあった気になる赤いゴミカスみたいなものを綿棒で事前にとっておき、先生に見せることにしました。

先生には、ペットショップで買ってきたダニ駆除の薬を使ったことを伝えると、プリさまの皮膚の間を別に確認することなく、「ああ、これを使ったならもう大丈夫だよ。あと1ヶ月後にもう一度この駆除の液体をつかってね」と言われただけ! この薬を使うと、4週間はダニが寄生しない抗体がつくそうです。

そしてプリさまの皮膚の間にあった気になる赤いゴミカスはなんとダニのフンでした……。ゾワ……!!

ハリネズミに寄生するダニは、おしりの付近と耳の周りの付近が好きなんだとか。プリさまもお尻のふきんにものすごい数いましたし、ダニのフンもお尻の周りのすごい量くっついていました。

不思議なことにプリさま、あんまり痒がっていなかったのですが、本来ならダニ症にかかるととてつもなく痒いはず。鈍感すぎたのかな……。

そんなわけであっという間にダニ問題は解決しましたが、数日間に渡って、プリさまの使っているベッドや床に敷いているフリースのマットなどはすべて煮沸消毒。ケージの中も熱湯でお掃除して、さらに協力な殺菌作用のあるスプレーを使っていつも以上に丹念にお掃除をしました。

おそらくこのブログを読んでくださっている人の多くが日本でハリネズミを飼っている方だと思います。日本ではまた違う薬や治療法があるはずです。

みなさんのハリネズミが痒がっている、針がいつも以上に抜けている、フケがいつもよりひどいなどの症状があったらすぐに病院へ連れて行ってくださいね。

そしてハリネズミに使っている布系のベッド類はすべて煮沸消毒、木などの素材は一度冷凍するといいとイギリスでは言われていますので、ぜひ試してみてください。

ちなみにプリさまを預けていたホテルにもダニがいたことは報告しておきました。おそらくダニはホテルからもらってきてしまったんだろうとは思うのですが、一生懸命お掃除もしているホテルなので、今回はちょっと運が悪かったんだろうなと。

どんなにキレイにしていてもダニが寄生してしまうことって、簡単におこりえることのようです。

 - 日々のつぶやき , , , , , , , , , ,