ロンドンで体張って暮らしているチオリーヌの実録

語学留学、イギリス人夫との国際結婚を経て在英7年目の33歳! ロンドンとハリネズミと自己啓発本が大好きなわたくし、チオリが体を張って実体験したことを綴るブログ

*

新郎が初めて新婦のウエディングドレスを見る瞬間

      2015/07/31

bideo

きっとこのブログを読んでくださっている中には、これから結婚するという人も多いでしょう。本日のブログはイギリスでイギリス式の結婚式を行った私が思うことを、とある動画と一緒にご紹介したいなと思います。

今日偶然、こんな動画を見つけました。 『The First Look/A Montage of Grooms Seeing Their Bride』初めて新婦の花嫁姿を見た新郎たちの反応を集めた動画集です。

日本では結婚式前に、ドレスやタキシードを一緒に選んで、結婚式前にしっかり写真撮りを行いますよね。なので結婚式当日には、新婦がどんなドレスを着るのか分かっているという状況が多いかと思います。それでもやはり、バージンロードをお父さんや兄弟、親戚と共に美しいウエディングドレス姿で自分に向かって歩いてくる新婦の姿を見てぐっとくる新郎は多いはずです。

しかし、欧米では結婚式の日に初めて新婦のウエディングドレス姿を見るということがかなり多く、結婚前夜も別々に過ごす(お互いの友達や両親たちと過ごすことが多いようです)のが伝統的な結婚式の日への段取りと言った感じです。きっと日本も昔はそうだったのかなあと、ドラえもんの映画『のび太の結婚前夜』を思いだしていたところです。そうはいっても最近ではもちろん欧米でも日本と同じく結婚前夜も新郎新婦は共にすごし、ウエディングドレスも何を着るか知っているという場合もあります。ただ、今だにたくさんの人達が、結婚前に花嫁のドレス姿を見てしまうと不幸になると信じている人も多いように感じます。

ちなみに私とマーク大先生の結婚式の日への段取りはまさに伝統的なもので、結婚前夜は別々に過ごし、ウエディングドレスもバージンロードに私が現れるまでマーク先生は一切どんなものを着るのかも知りませんでした。

私がバージンロードに姿を見せた時、マーク先生は泣きはしなかったけど本当に嬉しそうでした。結婚式の写真を振り返るとすべての写真においてマーク先生は笑顔でした。まさにこの動画に出てくる男性たちと同じく、初めて自分の妻となる女性の花嫁姿に感動して嬉しくてしょうがないという感じだったんだと思います。

結婚式の前撮りでパーフェクトな写真を残すこともとても素敵だけど、本当に結婚する当日に妻となる花嫁のドレス姿を見る方がインパクトが強く残るんじゃないかなあなんて思ったりもします。新郎も今まで人生の中で味わったことのない感情を味わうことができるんじゃないかなあと思ったりもします。ドレス選びで彼女のキレイなドレス姿を見て幸せを感じるのももちろんありでしょう。でもみんなが見守る中、感じたことのない緊張感の中初めて花嫁姿を見るその幸せな感情の高ぶりってなんだか違うのかなあってこの動画を見て感じたのでありました。

 - 日々のつぶやき , , , ,