たったの2つ!ワーホリや語学留学前にやっておくと必ず役立つ英語の勉強

英語は得意ではないものの、ワーホリや語学留学前になにかしらの英語の勉強はしておくべきかなあと考えている人も多いはず。

もちろん英語を勉強する時間がたっぷり取れるのであれば、それに越したことはありませんが、日本を出国するギリギリまでお仕事をしている社会人の方も多いでしょう。

そこで今回は忙しいみなさんにオススメしたい、ワーホリや語学留学前にやっておくと必ず役に立つ英語の勉強、特に英会話がちょっぴりスムーズになる方法をご紹介します。


こんにちは、チオリーヌです。

2011年7月、わたしがロンドンにやってきた目的は語学留学。

当時の英語のレベルは、文法やライティングなどの座学は中級、でも会話は初心者でした。

おそらくこういった英語レベルの人は多いと思います。

今日は、わたしが実際に「ああ、これやっとけばよかったな」「これはやっといてよかった」と思ったことをまとめてみました。

「この子と友達になりたいな」と思わせる魅力的な自己紹介を作ろう

初めて会った人には、あなたの自己紹介をすることになるわけですが、名前、出身地とかだけ言えばいいと思っていませんか?

はっきり言って、つまらない自己紹介しかできないと、よほどあなたが超奇抜なファッションスタイルでない限り、誰にも興味を持ってもらえません

そこで、ワーホリや語学留学に出発する前に絶対に完璧にしておきたいのが、「この子と友達になりたいな」と思わせる魅力的な自己紹介を英語で言えること!

外国人相手に興味を持ってもらえる自己紹介の内容

ここから具体的に、外国人相手に興味を持ってもらえる自己紹介の内容をご紹介しますね。

旅行ネタ

世界共通ですが、旅行が好きな人は多いです。行ったことがある国や都市が同じだと会話は盛り上がります。

旅行ネタを自己紹介に入れたいときにはこれらのことを言えるようにしておくとベスト!

  • 何カ国行ったことがあるか
  • 一番印象深かったところとその理由
  • これから行ってみたいと思っている場所

ペットネタ

日本で飼っているペットがいるなら、そのペットの話を盛り込んでみましょう。動物好きの人は必ず食いついてきます。

音楽ネタ

好きなミュージシャンについてです。音楽ネタを自己紹介に盛り込みたい場合は、世界的に有名なミュージシャンの名前を入れる方が、相手もわかりやすいですね。

出身地ネタ

「日本出身です」だけだと面白みがないので、日本のどのパートなのか付け加えましょう。

「東京」「大阪」「京都」という都市は多くの人が知っていますが、残念ながらそれ以外の日本の都市を知っている人は日本マニアの人以外あまりいません。

相手が全く知らないような街の出身だとしても、自分の出身地がどんなところなのか、説明出来るようにしておくと◎。

なにも紹介できるようなことがない街の場合、「めっちゃくちゃ寒いだけの場所!」とか「ヤクザしかいない」とか冗談をぶっこんどきましょう。

映画ネタ

マニアックなものよりも、みんながわかるような大ヒット作品の中で好きな映画の原題を確認しておきましょう。

日本で公開されている洋画はタイトルが原題とは全く違うものも多いです。

さらに英語圏ではない国の出身の人と話すときは、相手も出身国の言語に変更されたタイトルしかしらないことがあります。

お気に入りの映画は、映画のポスターの画像をスマホに保存していておくと「これこれ!」と写真を見せることでわかりあえることも!

趣味ネタ

マニアックなものから、王道のものまで、やはり趣味は自己紹介に入れると、話が盛り上がることが多いです。

語学学校やワーホリの職場で出会う外国人の人たちは、日本人のわたしたちよりも圧倒的に「自分はこういう人!」と表現することがうまいです。

なので、英語はうまく話せなくても、自己紹介だけは完璧に出来るように練習しておくと良いですね!

相手を褒める魔法の言葉「I love your 〇〇!」を練習しよう

誰だって褒め言葉をかけられると嬉しいですよね。

欧米諸国の人たちは、全く知らない人に対しても自然に褒め言葉をかけてくれます。

わたしは化粧もファッションも派手なので、「あなたのメイク素敵ね!」とか「そのイヤリング、すごくいいね。どこで買ったの?」「そのワンピース、あなたにすごくよく似合ってるわね」と声をかけてもらえる機会が結構多いのですが、言われるとその一日すごく気分がいいし、相手に一気に好感を持ちます。

そんな、相手を気持ちよくさせて、さらにこちらに好感を持ってもらう魔法の言葉こそが……

I LOVE YOUR (〇〇あなたの褒めたいもの)!

イギリスで使える参考例はこんな感じ……

  • I love your earring! /あなたのピアス or イヤリング素敵ね!(※ピアスという言葉はあまり通じないので、ピアスを褒める時も、イヤリングという言葉を使いましょう)
  • I love your dress!/あなたのワンピース素敵ね!(※ワンピースという言葉も通じないので、ドレスという言葉を使いましょう)
  • I love your shoes!/あなたの靴素敵ね!(スニーカーの場合はTrainers【トレイナーズ】)
  • I love your eyelashes!/あなたのマツエク or つけま素敵ね!
  • I love your hairstyle!/あなたの髪型素敵ね!
  • I love your nail!/あなたのネイル素敵ね!
  • I love your shirts!/あなたのシャツ素敵ね!

全く知らない人でも、ぱっと目が合ったときに「I love your 〇〇」から会話がスタートすることだってあるんです。

もしあなたが友達になりたいなあと思っている人がいるならば積極的に相手を褒めて、こちらに興味を引く作戦を使うべく、この魔法の言葉を使える練習をしておきましょう。

自己紹介と魔法の言葉の練習をネイティブ相手にやっておこう

自分の自己紹介文をまずは文章で作成してみて、実際にそれを使ってみたいですよね。

そして、完璧な文体に仕上げて練習するためにも、語学留学前やワーホリ前にネイティブ相手に練習してみるとなおよし!

ちゃんとネイティブらしい言い方に直しを入れてくれて、気軽に英会話の練習が出来る場所としてオススメなのは、オンライン英会話の【DMM英会話】

Twitterを見ていると多くのワーホリや語学留学前の人たちが【DMM英会話】で、会話に慣れるための練習をしています。

25分の無料体験レッスンも2回受けられるし、レッスン料も安いので、試してみる価値はありますよ!

先生のことを褒める練習も忘れずに!

まとめ

自己紹介って意外とね、ちゃんと準備しておかないと言葉が出てこなかったりするんです。

日本にいるときって忙しすぎて、自分が一体何が好きで、どんな人間なのか考える時間が取れなかったりしますからね。

またワーホリや語学留学で海外に出る前に、英語の勉強をしたくてもなかなか時間が取れない人も多いでしょう。

そういう方々にはぜひ、最強の自己紹介と相手を褒める練習だけでもしておいていただければなと思います!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)