New ロンドナーになるのだ!

語学留学を経て、イギリス人夫と国際結婚! 在英7年目の33歳 妄想を現実化するためにトライ&エラーを繰り返すその実験結果を記しています

*

自律神経を整える方法は書いて表現することだった

   

『Newロンドナーになるのだ』を読んでくださっているみなさま、お久しぶりです。チオリーヌです。

最終更新から1年以上が経過してしまいました。そんな更新の滞っているブログにもかかわらず、「あれ? チオリーヌ最近まったくブログ更新してないけど大丈夫なのかな?」と心配して、メッセージをくださる方たちもいらっしゃり、本当に感謝しています。

私の近況をご報告すると、相も変わらずロンドンに暮らしていて、旦那マーク氏とは結婚5年目を迎え、イギリスの永住権も取得しました。そして、ウェブライターをしながら生計を立てているのも全く変わっておりませぬ。

ただ、ここ1、2年で変わったことと言えば、「自律神経が乱れるようになったこと」です。いつまでも治らない風邪のような症状、だるさ、倦怠感、やる気が出ない、焦り……。

そしてその「自律神経が乱れるようになった原因」を自分なりに分析した結果がこちら。


自律神経が乱れるようになった原因 :チオリーヌの場合

その1 目先の金に追われて、プライベートの時間を楽しめなくなった

フリーランスのライターとして働いていると、頑張って文章を書いた数だけお金がはいります。そのため、私は目先の金に追われて、これまでおでかけをしたりして楽しんでいた時間をも、書く時間にまわしてしまうようになりました。

その2 考え方が悲観的、被害者妄想に陥った

2018年8月から、マーク氏も正社員という形からフリーランスという形に働き方を変えました。マーク氏本人は、フリーランスになればもっと仕事の幅が広がり、稼ぎも増えると、とても自信満々で独立したものの、残念ながら思うようにはいかず、仕事がなく、家にいる時間が増えるように。

さらに、夜7時から朝5時まで勤務という夜勤の仕事を期間限定ではあるものの、マーク氏が2か月ほどやっていたときときには関係が悪化。朝起きて家で仕事をする私、朝がた家に帰ってきて、朝から夕方まで寝ているマーク氏。生活が逆転しているためコミュニケーション不足になったうえに、私が家にいる生活音がうるさいと文句を言われ、「なんでこんな羽目に……」と悲観的な考え方しかできなくなりました。

その3 自己表現できる場所を作らなかった

このブログは私の思っていることや考えを自己表現する場でした。でも「その1」でも書いたように、目先の金に追われるようになってしまい、「ブログ書いてる暇があるなら、お金になる記事を書こう」、そう思うようになってしまったのです。

さらに、ロンドン在住歴も長くなると、だんだんロンドンにいることが当たり前になっていきます。そのため、これまで「楽しい!」「可愛い!」「すきぃ!」と思えた小さなことに気が付かなくなり、「こんな私のつまんない日々のこととかブログに書いても、誰が読んでも面白くないんじゃないの?」と思うようになりました。

また同時期に「ブロガーとして稼ぐ」書籍を読んだりして、「ブログ=お金を稼ぐもの」と考えすぎて、その結果「なにも書けない」状態に。

そしてブログを書かなくなった頃から、「自律神経が乱れる」という現象が起こり始めました。

つまり、私の自律神経が乱れた最大の原因は「自分を表現する場所を作らなくなったこと」だと確信し、今ここで再びブログを書き始めている訳です。

本を読んで実践することで救われた、自律神経を整える方法

自律神経が乱れ始める前から、私は自己啓発本を読むことが大好きで、人生を何度も救われたのですが、人生30年間味わったことのなかった「自律神経が乱れる」という謎の症状が出始めてからは、いくつかの自己啓発本を含む本たちを読んで実践することで改善することができました。例えば、

というわけで、これからはおすすめの書籍の中から、日々の生活のこと、発見を交え、つっこみをいれたりしながらブログを更新していきます。

パートナーとの関係、仕事、自分への自信に悩む方にもきっと役立つ内容になるはずだと確信しています! 

 - 日々のつぶやき , , , , , ,